自治体の制度融資は銀行・商工会議所のサポートを得ながら

県や市が扱う制度融資は銀行・商工会議所のサポートが必要

いわゆる創業関連融資は県や市などの自治体も積極的に行っております。

ただし、それらは保証協会の保証が必須とされています。

保証協会とは、銀行からあなたが受ける融資について保証を添えることで、もしもあなたが返済不能となった場合、保証協会があなたに代わって銀行へ債務残高を弁済し、その後、あなたから回収を図る税金でまかなわれた組織のことです

税金で運営されているのと同様の組織ですから、いざ上記のような状況になったとしても、保証協会は何のダメージも受けませんし、担当者も同様です。お役所仕事で規定にのっとって物事を行うのみです。

この保証協会からの保証を得ることができれば、制度融資の利用にグッと近づくことができます。

では、保証協会に相談をすればいいの?

と思われがちですが、まずは商工会議所を活用してみましょう。

商工会議所と保証協会はすぐ近くに所在していることが多いほど、関係性は緊密ですので、商工会議所のサポートを得られれば保証協会担当者へと根回ししてくれることもあります。

商工会議所を活用して融資成功率をUPさせる
事業資金の調達には商工会議所が大きな影響を与えます。積極的に活用していき、融資成功への近道を歩みましょう。商工会議所を利用するメリットとは・・

いつ銀行の担当者をつけるのか

実際の融資は銀行をはじめとする金融機関より行われます。

では、どのタイミングで銀行へ相談をするのか。

当サイトでは商工会議所の利用メリットについて記述しておりますが、銀行への相談は商工会議所を利用しながら、当所の担当者さんから事業計画についてある程度の理解が得られたタイミングがおススメです。

商工会議所の担当者さんは、損得勘定なしにあなたの事業計画についての指摘をしてくれます。これらを参考にしながら、あなたは当初の事業計画に修正を加えつつ、どんどん相談に乗ってもらいましょう。

あなたが諦めることなく、自身の事業計画の精度を高め続けたある日、商工会議所の担当者さんはきっと理解を示してくれる日がやってきます

それを以て、銀行へ創業融資についての相談を持っていきましょう。

銀行の担当者さんもしっかりと話を聞いてくれるので、あなたは商工会議所でおこなったプレゼンテーションをそのまま応用するだけです。この際、商工会議所で事業計画についての相談を重ねてきたことをしっかりアピールしましょう。

飛び込みだと話を聞いてもらえるのは主任クラスかもしれないので、事前に連絡を入れてアポを取っておくことを推奨します。できれば、あなたの人脈より紹介を受けて、次長さん以上の方に話を聞いてもらえるとベターです。

その後の段取りは銀行の担当者さんが案内してくれるので、あとは流れに身を任せるのみです。

保証協会との話し合いは、あなたに代わって銀行担当者さんが行ってくれる場合がほとんどです

より親切な担当者さんであれば、保証協会へ同行して、協会担当者さんとの顔つけ及び事業計画についてのプレゼンを行う機会をいただけます。

融資申し込み金額についての折衝

上記を経た資金調達活動を行えば、そこからは非常に速い動きとなり、融資額についての調整を行っていきます。

あなたの融資希望額がそのまま通れば何の問題もないのですが、返済実績のない創業当初を想定した融資を受ける場合、ほぼ希望額より減額される旨を伝えられるかと思います。

ここは大人の対応で、「それでお願いします」といった回答をしておきましょう。

400万円の借入の場合、もともとは600万円も不要なのに、あえてその金額での申し込みを行っているのですから、意地になる必要なんてどこにもありません。

むしろ銀行担当者からは、差額の200万円についてはプロパー(同行よりの直接借入)で必要があれば対応すると申し出てくれるケースが多いものです。

“とりあえず借りられるだけ借りる”ことを目標とし、不足があればその都度で対応するのが起業家の持つべき姿勢といえるかもしれません。

会社に行くだけで稼ぎ続けるサラリーマンに遅れを取ることは、あなたが起業した意味合いを無価値とするようなものに他なりません。

融資条件は何も変わらないのですから、まずは安定したスタートができるように心がけるべきです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク