住宅ローンを借りるときの注意点! 意外な落とし穴がこんなところに

住宅ローンがとても気軽に!頭金も不要となってきた今日

住宅ローンといえば、頭金がどれほど必要になってくるのか考えがちなものですが、最近の住宅ローンは頭金不要のものも出てきており、物件購入費全額を住宅ローンで賄うこともできます

しかも、超低金利時代となっている情勢を反映して住宅ローンの金利がとても低くなっており、固定金利を選択しておけばまず間違いないといえますので、住宅ローンはより身近なものになっているといえます。

年収基準も引き下がっていますので、年収300万円以下であっても借りることが可能な金融機関も多く、原則として保証人不要となっているものですので、とにかく借りて住宅を購入し、購入した住宅を担保として借り入れた金融機関に提供し、毎月のローン返済をしていけばマイホーム生活を手に入れられます

どれだけ住宅ローンが気軽に利用できるものであるかは、各金融機関のホームページに目を通してみてください。
金利条件、申し込み条件がとてもハードルの低いものとなっていることにきっと驚くかと思います。

もちろん申し込みから融資実行までは所定の審査を通過する必要がありますが、多額の借り入れを申し込む住宅ローンであれば、自分の個人情報にいくらか自身のある方が申し込むことでしょう。

しかし、意外な落とし穴に気付かないまま申し込んでおり、住宅ローン審査に落ちてしまった場合も増加しています。

住宅ローンの落とし穴! 審査に落ちた場合には確認を

年収基準も問題ないし、借り入れ金額と返済計画のバランスも取れている。
安定した職業についており、借金を抱えているわけでもない。
このような方でも住宅ローン審査に落ちてしまう場合があります。

この背景には、気軽に契約・利用することのできるクレジットカードやカードローンの存在があります。

万が一の出費やちょっとした予算オーバーに備え、仕事上の付き合いでカードローンやクレジットカードを契約する人はとても多いものです。
その後、何かの機会に使用したけれども、忙しく過ごしているうちに油断していたところ返済が間に合わず、通知が来て慌てて返済したということは十分に考えられますよね。

これは立派な金融事故であり、信用情報が損なわれてしまうことを意味します
金額の大小に限らず、事故歴有と判断されてしまえば、それで住宅ローン審査は通りません
金融機関における審査は個人の信用情報にもとづいておこなわれます。
そして、どの金融機関が閲覧する個人情報も同一のものとなっていますので、最初に住宅ローンを申し込んだ銀行だけが審査に通らなかったのではなく、いくら他の金融機関に申し込んでも審査には通りません。

住宅ローンに落ちたらマイホームは諦めるしかない?

住宅ローンの審査に落ちてしまえば、なんとなくマイホームを諦めなければならない気持にもなってくるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

上でも触れているように、本来であれば借り入れについて何の問題もないステータスであるはずなのに、過去のちょっとした油断で審査が通らない場合には別のルートがあります。

銀行のプロパー融資を受けることです

本来、借り入れる金額とこれからの返済状況をシュミレーションして問題のない相手であれば、金融機関は貸し出したいのが本音です。
銀行とは金貸しに他ならないのですから、お金を貸して利息で稼ぐスタンスを失うわけにもいかず、日銀のマイナス金利政策が続く昨今においては貸し出しをしなければ銀行の収支悪化が避けられません。

そもそも銀行の取り扱い商品の一つとして住宅ローンというものがあるわけであり、定型化された商品であるため、既定の保証会社の保証を必須としているのです。
つまり、保証会社の保証が信用情報の問題で取り付けられなかったとしても、通常融資で銀行から住宅購入資金を引っ張ることは不可能ではないのです。

住宅ローンの審査に落ちたと通知を受けたら、まず原因を過去より探りつつ、自分自身のステータスに問題がないと思う場合にはプロパーでの借り入れができないか担当者に相談してみましょう。

プロパー融資の申し入れであれば、銀行によっての判断となりますので、ひとつの銀行がダメだから他のすべても同様の結果となるわけではありません

プロパー融資であれば、住宅ローンよりもいくらか金利負担が大きくなってしまうかもしれませんが、現在が超低金利時代であることを考慮すれば、過去に住宅を購入した人たちと大差ない条件となることでしょう。

信用情報の既存状況が時間によって復旧すれば、その時点で住宅ローンへの借り換えも可能となりますので、1つのルートが閉ざされたからといって諦めるのではなく、他のルートも模索しながら資金調達を図っていくことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク