銀行系カードローンの契約はお早めに! 審査が緩いのも目先まで?

気軽に契約・借入できる銀行系カードローンはおすすめ

昨今、どのような銀行でも個人向けカードローンに力を入れており、契約残高も全国的に右肩上がりの状況となっています。
この背景には、消費者金融が総量規制によって銀行傘下に入らざるを得なくなったことが主な要因として横たわっているものですが、それだけ銀行側も貸出先に困っている状況であるともいえます。

日銀のマイナス金利政策に伴って、銀行は可能な限り、有力な貸付先を探したいところですが、現実問題といてなかなかそのような先が見つけられないため、個人向けの貸出枠の拡大を図っているのでしょう。

しかし、審査の緩さも相まって、利用者が抱えてしまう債務負担も社会問題化しており、今後も同様の動きとなっていくかは極めて不透明です。

いざというときの備えとしてはかなり有用ですので、状況が変わらないうちに早めの契約をしておくことがおススメです。

本当に困ったときに必要となるカードローンの重要性

企業経営の場合、いくら赤字累積していようがお金さえ回っていれば倒産することはありません。
これとまったく同じことが個人にもいえます。
お金さえ回すことができれば、支出過多な状況であっても先々を凌いでいくことができます。
しかし、問題点は個人の場合だと借入先が非常に限定されてしまうという点にあります。

家族や友人から借りられるのも一時的かつ限定的な金額に終始してしまいますので、もしこのような方から借りることができる場合においても、最終的には外部からの資金調達ルートを構えなくてはなりません。
しかし、本当に困ったときほど外部は貸してくれないものです。
このような矛盾から生まれるニーズに応えていたのが消費者金融だったわけですが、総量規制によりやっていくことができなくなって今日ではほぼ全滅状況にあります。
ところが、総量規制にも抜け道が存在しており、銀行系カードローンであれば法規制の対象外となるため、過去の消費者金融がおこなっていたビジネスがそのまま展開することができるため、消費者金融は銀行傘下に入って銀行系カードローンとして存続しているわけです。

これを証するように、多くの銀行系カードローンは300万円までであれば収入証明書の提出は不要となっていたり、アルバイト・パートや専業主婦といった立場であっても新規借入ができる内容となっています。

離職期間などに備え、一時的な資金調達枠として銀行系カードローンを契約しておくことは生きるための賢い知恵といえます
資金が回らなくなれば終わりですが、回りさえしていればその後のリカバリーが可能となります。

銀行系カードローンのリスクは大丈夫なの?

カードローンの極度額は決まっておりますが、誰もがその額面にて契約できるわけではありません。
申し込み時の信用情報や収入状況に応じて審査され、その結果として極度額の枠が決まっていくものですので、身の丈に合わない上限が設定されることはほぼありません。
借りられるだけ借りたいと思う人にとってはネガティブな要素かもしれませんが、現実的かつ計画的に利用していきたいと思う人にとっては気軽に使いやすいものであると感じられるものでしょう。

銀行系カードローンの返済方式はおおよそ2パターンにわかれます。
まずは借入金額に応じて決められた返済額を毎月返済していく約定返済
他方が、元金と金利を含んだ一定額返済を続けていく元利均等返済です。

借入金額の設定段階で銀行がリスクの有無を判断しているわけですから、どちらの返済方式を選択したところで現実的に返済可能な金額となるのが自然な流れでしょう。
目先の返済額負担を減らしたいのであれば約定返済、より計画的な利用を希望するのであれば元利均等返済のものを選択すべきです。

カードローンであれば約定返済方式のものがほとんどですが、余裕のあるときにまとまった金額の返済をおこなう随時返済が手数料無料でできるものもありますので、可能な限り、約定返済+随時返済のものを選択することでカードローンの内在するリスクは大幅に低減できることでしょう。

カードローンの金利は高い?それとも低い?

“3.5%~”となっていたところで、どのようなカードローンであっても、借入金額が極度額レベルの場合にこの金利が適用されるものであり、少額の借り入れであれば14%は覚悟しなければならないものです。
200万円でも10%以上は利息を支払わなければなりません。

しかし、この金利設定も以前の消費者金融からの借入に比べれば、相当に負担の軽いものとなっています。
むしろ、銀行がこれだけリスクを冒している以上、審査が緩いものとなっていることを示しているともいえます。

約定返済であれば、利息負担を特に意識することもありませんので、毎月の返済額を見ながら利用していけば何の問題も生じないことでしょう

いざというときのための資金調達枠としてカードローンの利用をご検討中であれば、是非、上記を参考としてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク