スポンサーリンク

助成金と補助金の違いとは?支給条件は?

スポンサーリンク
補助金・助成金
スポンサーリンク

補助金と助成金について明確に答えられるでしょうか?

実は、両者はまったく異なるものです。

どちらも国や地方公共団体から受け取ることのできる返済不要のお金ですが、助成金は受給要件さえ満たしていれば誰でも受け取れるものである一方、補助金は申請を出しても受け取れないことがあります

スポンサーリンク

補助金が申請しても受けられない理由は、審査があるためです。

例えば、ものづくり補助金や創業補助金といったものがありますが、これらは所定の書類を提出して審査を受け、事業の先行きや社会貢献性にポジティブな評価を受けたときのみ交付されます。

助成金とは、上でも触れているように、受給要件さえ満たしていれば申請を行ったものは基本的に支給されます。

非正規雇用の従業員のキャリアアップに使用できるキャリアアップ雇用奨励金や、景気悪化時に従業員を休ませて雇用調整するための雇用調整助成金などが挙げられますが、厚生労働省が管理するものが多い傾向にあります。

事業運営のための貴重な資金となる助成金ですが、ネックとなるのはどちらも支払いの後で申請し、受給するという点です。

自腹で設備を購入するなどした後に、補助金が支給されて設備購入費用の一部が払い戻されるわけです。

もしも、それらのお金が支給されなかったら・・と考えると、ちょっと怖くなってしまいますよね。

申請から受給までは1~2か月かかることも少なくないので、自己資金の準備ができない人にとってはなかなか使いづらいかもしれません。

これまでご紹介してきた補助金・助成金は、自分が受給できるものがあるかどうかを自ら探さなくてはなりません。

雇用調整助成金は不況下で広く案内されていましたが、そのようなケースは例外といえます。

不親切なように思えてしまいますが、知っている者だけが得できるようになっているのは事実なのですから、仕方がありません。

事業主さんはそれらを見逃さないようにしていく必要があります。

申請書類の記入については、管轄の窓口に問い合わせれば丁寧に説明してくれるので、利用できそうなものがあれば、気軽に問い合わせてみるようにしましょう。

事業運営者にとって、計画を実行するための資金調達の一環として、補助金や助成金を頭に入れておくことは、着手できる事業の幅が広がることを意味しますので、とても大切であるといえるでしょう。

補助金や助成金を資産に取り入れることで、金融機関から調達しなければならない資金も小さくなりますので、融資が受けられやすくなることに加え、将来的な返済不能リスクも低減させることにつながっていきます

補助金・助成金
スポンサーリンク
スポンサーリンク
knowmoneyをフォローする
スポンサーリンク
稼ぐ!借りる!守る!知っておきたいおカネの知識【脳マネー】