詐欺被害に遭ったときにはどうすれば・・おススメの対処法を伝授

詐欺被害に遭ったときはどのように対応するか

詐欺被害への対応はおおまかに2つに分かれます。
相手と音信不通であるか、話すことができるかどうかで対応が変わってきます

いわゆる振り込め詐欺やワンクリック詐欺など相手の顔が見えない状況で騙され、音信不通となった場合には即座に警察へと頼るほかありません。

しかし、顔見知りであり、詐欺の疑いのある場合であれば対応が異なってきます。

騙されたことで相手が憎いのは当然なのですが、詐欺被害の場合には経済的な損失が生じているわけですから最善の回収方法を検討していかなくてはなりません。
人によって判断が分かれるかもしれませんが、刑事罰<お金の回収を意識していかなければなりません。

このためには、警察沙汰になるくらいならお金を返すと相手に判断させることが大切です。

詐欺は立証しづらいので証拠集めを

まずは渡した金銭の返還を要求しましょう。内容は簡単です。“事前の話と違うわけだから、渡したお金を返してくれ”と言えばいいだけです。

このように詐欺師に追求すれば、必ず言い訳をしますので、それが言い訳でしかないことを論理的に話し、返還要求を繰り返すことです。

ここで念頭に置いておくべきは、詐欺は立証しづらいという点です。

刑法上で犯意の認定が必要となってきますが、窮地に立たされた詐欺師はもちろん“騙す気なんてなかった!”と主張するでしょう。証拠が不十分であれば“疑わしきは罰せず”のスタンスによって、たとえあなたが実損を被っていたとしても詐欺師を無罪としてしまいます。

つまり、詐欺師が“警察沙汰になったらヤバい”状況へと進めていくために証拠集めを徹底しなければなりません。

ポイントは感情的にならないことです。

被害にあったからすぐに警察へ行ったところで、十分な証拠がなければ、あなたが思うような状況を作り出していくことはできないでしょう。
詐欺師本人も警察が介入すれば覚悟を決めてしまうだけですので、金銭の返還もなおさら遠のいてしまいます。

具体的にどのような証拠集めをしていけばというと、下記が挙げられます。

・状況を記した書面の事実確認欄に署名させる
・会話の録音
・少額でもいいので回収し、残債務確認書にサインさせる

もちろん詐欺師はサインを渋りますが、署名しないなら警察に行くしかないといえばまず署名します。
どのような経緯を辿って、いくら渡すこととなり、今日の状況がどうであるのか記した書面を用意して署名を迫りましょう。

会話の録音もおススメです。スマホの録音アプリを起動させておき、そのまま会話するだけで録音できますので、詐欺について追及している場面の音声を簡単に残すことができます。

少額回収については、一部弁済は債務を認めたこととなりますので有効です。残債務が減ったことを確認する書面であれば、素人の詐欺師は何も疑うことなく署名に応じてくれるでしょう。
この際、残債務確認書の名目を詐欺に絡めることが大切です。

“詐欺被害の弁済金として”といったものでもいいのですが、あまりキツイ言葉ですと押し込みが必要となりますので、“損害弁済金として”といった程度にしておけばやり取りはスムーズなものとなります。

上でご紹介した3ステップを次々と詐欺師に仕掛けて追いこんでいくことで、詐欺師は逃げることができない状況となります。

詐欺被害における被害者心情としては、あくまで刑事罰<お金の回収である一方、詐欺師が感じている怖さからすると刑事罰>お金の回収となります

この考え方をもととしながら、上手く立ち回っていくことで時計の針を戻していくことができる可能性が高まります。

冷静さを欠いた行動はその後の被害金額回収をより困難なものとしてしまいますので、まずは落ち着いて話し合いの機会を重ねていくように心がけていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク