スポンサーリンク

消費者金融は回収のプロだから動きがスピーディー

スポンサーリンク
お金を借りる
スポンサーリンク

消費者金融とは、回収のプロです。

借りたものは返せというスタンスは正当性があるのですが、銀行の傘下であるにもかかわらず“返済不能→法的措置”までのスパンはかなり早いです。

もともと独立しており、総量規制で経営が成り立たなくなったから銀行傘下となっていることを考えれば、回収に厳しいスタンスで臨んでいるのも納得いくでしょう。

消費者金融側からすると、消費者金融を利用する客層というのはあまり収支状況が良くない層であると最初から足元を見ているため、回収は強硬なものとなりがちです。

もちろん法に反するような回収をすると業者側の立場が危うくなるため、合法的な範囲内で取り立てを始めてきます。

例えば、勤め先への電話など、彼らにとっては当たり前です。

借りて返済できなくなった人は消費者金融からの督促の電話を次第に無視するようになるため、勤め先へとかけるようになります。

もちろん、嫌がらせの意味も込めて電話をかけてきます。

ここでも返済が受けられなければ、直接会いに来ることだってあります。返済を受けられない債権者が、対応してくれない債務者に会いに行くこと自体は法的に責められるものではありません。



もし、消費者金融から借りて、計画どおりに返済できていない人が上記に目を通せば、かなり目の前が暗くなるのではないでしょうか。

おそらく借金していることを家族や同僚などに知られたくない人は少なくないでしょう。

しかし、返済さえしっかりしていれば、そのような心情へと陥ることもないのですから、まずは返済原資を確保することを最優先としてみてはいかがでしょうか。

そのためにおススメな方法が借り換えです。

あくまで、例えばの話ですが、消費者金融へ毎月支払う金利が15%くらいだとしたとき、金融機関から金利が5%以内の借り換えができれば、消費者金融へ一括弁済することで10%以上の金利支払い負担から解放されます。

200万円が借入残高だったとすれば、2万円も毎月の返済が軽くなります。

このような美味い話があるわけないと思うかもしれませんが、実は可能とする方法があるのです。

消費者金融を利用しなければならない状況であったとしても、マイナス金利にあえぐ金融機関は貸出残高を増やしたいので借り換えの相談にも積極的になってくれます。

お金を借りるマネートラブル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
knowmoneyをフォローする
スポンサーリンク
稼ぐ!借りる!守る!知っておきたいおカネの知識【脳マネー】