スポンサーリンク

借金をそのまま返さなかったらどうなる?

スポンサーリンク
お金を借りる
スポンサーリンク

借金は返すべきものと皆さんも考えているでしょうし、返す予定のない借金をする人もさほどいらっしゃらないと思います。

しかし、“返すことができるだろう”と思って借りた借金が返せなくなるケースは多々あるものです。

代表的な例がパチンコをはじめとするギャンブル目的での借金ではないでしょうか。

最初から負けるつもりで借金をする人はいません。

ギャンブルで借金をする人は何かしらの勝算があるから借金をし、思い通りにいかないから返せなくなってしまうのです。

この場合、借入時の計画性自体が皆無であるため、返せなくなってしまうことがほとんどです。

また、カードローンも同様です。

特に個人向けカードローンは即日でも借りられる利便性が高いのですが、返済方法が約定弁済となっており、金利ばかりを支払って元金がまったく減っていかない状況となってしまいます。

金利の支払いに追われて、別の出費のためにカードローンで借り入れを更に増やし、より多額の金利を支払うようになってしまえば、まさに自分で自分の首を絞めるような状況となってしまいます。

もし、返済不能な状況となってしまえば、どうなるのかご存知でしょうか。

基本的な流れとしては督促の通知が来て、それでも支払わなければ配達記録などを介した郵便が届くようになり、内容証明が届いて訴状が届くといったものとなるでしょう。

経験者であれば共感いただけると思いますが、これらの通知が自宅へ届くようになると、郵便屋さんが怖く思えてくるものであり、どことなくビクビクとしながら過ごしてしまうこととなりますので、せっかくの人生の日々を台無しとしてしまいます。

命こそ取られませんが、訴訟に負ければ仮執行宣言も付されるでしょうし、今度は勤め先の給与差し押さえに怯えることとなりますので、支払わなければ負のスパイラルから解放されないままです。



上記のような状況へと陥りそうな皆さまへお勧めしたいのが、借り換えです。

借り換えで資金を調達し、督促をかけてくる先へ一括弁済してしまえば、借り換えに利用した先への返済を考えるだけで良くなります。

このようなご提案について、胡散臭いとお考えの方もいらっしゃるでしょうが、このご時世、胡散臭い方法や、それをおこなう業者も自然淘汰されてしまうものです。

借金をクリアとし、新たな人生を手に入れたいとお考えであれば、この機会に借り換えでの返済を真剣に考えてみることをおススメします。

お金を借りるマネートラブル債務者
スポンサーリンク
スポンサーリンク
knowmoneyをフォローする
スポンサーリンク
稼ぐ!借りる!守る!知っておきたいおカネの知識【脳マネー】