探偵や興信所を使って債務者の身辺調査をおこなうメリット・デメリット

探偵や興信所は頼りになるの?費用の相場・目安は?

支払いを一切おこなわない債務者が悠々とこれまで通りの生活を続けていることに腹立たしくなるのは債権者心情として当然のことです。

不誠実な対応をされ続ければ、法的措置によって差し押さえようと講じるのは当然のことですが、口座をはじめとする資産がどこにあるのかわからなければ差し押さえ手続きも進められませんし、収入源も不透明な場合であれば給与差し押さえもできないままです。

どうにか債務者の収入状況、資産状況を把握したいと考えた場合、真っ先に思い浮かぶのが探偵や興信所を利用してみることでしょう。

普通に生活していれば興信所には縁がないものであり、いくらほどかかるのか、費用の相場さえも見当がつかないものですが、興信所の費用相場は30~40万円ほどが平均的水準といわれています。
調査内容はターゲットの尾行が主となりますが、探偵業界では依頼人がわからないことをいいことに調査員の水増しが横行していますので注意が必要です。

では、探偵・興信所を上記の費用を支払って利用した際に債権回収のための確かな情報が得られるかといえば、決してそうではありません

尾行してもらったところで、ターゲットがコンビニATMなど口座のある金融機関以外から引き出しているのであれば差し押さえできませんし、残高がいくらあるのかも把握しきれるはずがありません。
就業先を掴み、第三債務者として就業先への給与差し押さえすることはできるかもしれませんが、月給を考えても探偵・興信所調査費用の支払いを考えれば、プラスマイナスゼロがいいところでしょう。

そこまで金銭トラブルをこじらせてしまう人間は当初よりまともではないので、給与差し押さえがおこなわれれば、躊躇うことなく辞めていってしまうでしょうから、継続的な効果も見込みづらいのが実情です。

興信所業務を担当する弁護士集団も実在します

興信所や探偵を利用しても債権回収においては効果が見込みづらいことをご紹介してきましたが、他の理由として、証拠の有効性について弁護士サイドからの見解が異なる場合が挙げられます。

探偵・興信所に安くない費用を支払って得たレポートを弁護士に見せたところ、「これではまったく取れないと思う」、と言われてしまえば元も子もありません。
法的措置のために有力な証拠、債権回収が実現できるための証拠についての見方が弁護士と興信所で異なる場合もあります。

最近では、弁護士がターゲット調査を主導してくれるサービスもありますので、泣き寝入りしたくない方にとってはおススメといえるでしょう。



こちらのALGでは、弁護士が代表を務めておりますので、法的措置へとスムーズに移行するための情報収集、精度の高い債権回収が期待できます。

何より安心なのは、運営・料金がクリアな点でしょう。
弁護士には懲戒請求というものがあり、社会的に害悪のあることをしてしまえば、弁護士資格を失うこともありますので、ALGでは良質なサービスが担保されていることを意味します。

調査員の水増しや、範囲外へと逸脱した業務による請求額の上乗せなどをやってしまえば、代表者である弁護士は大きな社会的信用を失うこととなりますので、これらを考えても安心してお任せできることでしょう。

証拠集めと法的措置への移行の窓口がひとつとなりますので、その後の対応もスムーズとなっていくことは間違いありません。

債務者との関係性がこじれてしまった債権の回収は、素人には“まず何をどうしていけばいいのか”さえわからないものです。
そのようなときは、まず安心できる専門家へ相談してみましょう。
ALGさんは探偵業界でも最安値として知られていますので、まずはお問い合わせしてみてはいかがでしょうか

悪徳業者のように、何でもできます!と請け負った結果、まともな成果を得られないといったことはまずないでしょう。
できないことはできない、しても意味がないことは意味がないと事前に指摘が受けられるだろうことは、社会的信用において担保されていますので、まずは相談してみることがおススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク