マネートラブルへの心構え

借金などマネートラブルには向き合っていくべき

借金が返済できなくなった、賠償を求められている、税金滞納が続いている、などのマネートラブルにはいつあなたが巻き込まれるかはわからないものです。
働き方が多様化し、終身雇用の意味合いも薄れた昨今においては、いつ、どのような懐事情が変遷していくかわかりません。

もっとも巻き込まれやすいマネートラブルの代表格といえば借金問題でしょう。
気軽に借りることのできるカードローンの普及に伴い、今後はより多くの方が借金問題に巻き込まれていくことになるのではないかと思います。

どのような原因にしても、マネートラブルに巻き込まれたからには解決させていくために心構えを持っておく必要があります。

これからどうなるのか?
どのように対応していけばいいのか?
あなたの生きるためのヒントは心構えにあるといっても過言ではありません。

自分自身が抱えた借金をはじめとするマネートラブルは放置しておけばしておくほど、差し押さえなどを厄介なものとなっていきますので、しっかりと向き合っていく必要があります

逃げれば逃げるほど、債権者は好き勝手に追求の手を強めてくるばかりです。

差し押さえを回避して和解する方法もあります

債権者からすれば、逃げるばかりの債務者ほど腹の立つ存在はありません

マネートラブルの根源をたどれば、債務者の都合のいい言動ばかりが鮮明な記憶となって残っていますので、トラブルが起きた後にまともに連絡も取れないようであれば腸が煮えくりかえって仕方のないものなのです。

あなたが引き起こしたマネートラブルから逃げ続け、音信不通となってしまっているようであれば、債権者はあなたの資産を探し出して差し押さえを図ってくることでしょう。

実際には、差し押さえる資産などないケースのほうが多いかとは思いますが、生きるためには働かなければなりませんので、どこかしらで収入を得ている以上、それを何とかして差し押さえてやろうと思うのが怒り狂う債権者の心情です。

こうなってしまえば、マネートラブルを引き起こしてしまった人間にとっては毎日が不安で仕方がないものです。
給料日には差し押さえの心配をしなければなりませんし、会社宛に給与差し押さえの通知が来ないかとヒヤヒヤしながら日々を送らなければなりません

もし、裁判上の問題となっていても、判決を待つことなく双方が協議を重ねることで和解することもできます。

どのようなタイミングにおいても、マネートラブルに対しては向き合っていくことが解決に向けた最善の方法なのです。

マネートラブルに対応するための心構え

突如、巻き込まれることとなったマネートラブルに向き合っていくためには、いくらか自身の心構えを確かにしていかなければなりません。
若干、同じことの繰り返しとなりがちかもしれませんが、最後におさらいしておき、心に刻んでみてはいかがでしょうか。

マネートラブルには向かい合う

借金問題など、こじれてしまったからには目を背けたくなるようなトラブルだとしても、しっかりと向き合っていくことで解決への道筋が見えてくるものです。

あなたが向き合っていくしかありません

債権者が望んでいるのはあなたの誠意ある対応に他なりません。
本当に困った時には誰も助けてくれませんので、あなた自身が戦っていく必要があります。

決して債権者の言いなりでもない

確かに債権者の立場の方が強いものですが、債権者からすれば、債務者であるあなたからいくら回収できるかに重点を置いているものですので、現実的な支払い可能額で和解する方法も選択肢として用意されています。

債権者と同等に話し合う

債務者のほうが悪いのは言うまでもありませんが、貸した側の責任も問われます。
不法行為による賠償請求を求められているような場合でなければ、堂々と胸を張って債権者との話し合いに応じていくべきです。

最後まで諦めないこと

債権者との話し合いはストレスもたまるものですし、すぐに支払うことのできない状況下においてはどうしても長期化してしまうものです。
思わず、「もういっか・・」と言いなりになってしまいそうなときもあるかもしれませんが、より有利な和解案を得ていく方法を求めていくことで、よりベターな未来を手に入れることができるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク