法的措置を回避しながら債務者を追い詰めていく方法

約束を守らない債務者を追い詰めていく方法とは

約束したはずの支払いをすることなく、そのまま放置する債務者はとても多いものです。
彼らに言わせれば、「お金がないから払いたくても払えない!」といった受け答えに終始するばかりなのですが、債権者の立場からすればいつまでも我慢していられるわけがありませんよね。

経済的な損失が生じているから、その穴埋めをしてもらわなければなりませんので、債務者の都合ばかりを聞いているわけにもいきません。
さらに言えば、本当は支払うことができるはずなのに支払わない債務者はとても多いものですので、効果的に追い詰めていくことで債権回収が思った以上にスムーズに進む場合もあります。

もちろん、差し押さえをはじめとした各種法的措置へ踏みこんでいくことも可能なのですが、法的措置の手続きは債権者にとってとてもストレスを感じるものであり、更には長々と時間がかかってしまいがちなこともあって、面倒なものに他なりません
加えて、忘れてはいけないのが、債務者が無資産者であれば、どのような法的措置を講じてみたところで空振りに終わってしまうため無意味です。
そもそも、金銭トラブルを起こして支払うべきものを支払わない債務者は無資産者である場合が多いので、法的措置自体が効果を発揮しない相手ともいえるでしょう。

このページでは、法的措置をおこなうことなく債権を回収するために債務者を追い詰めていく方法をいくらかご紹介します。

法的措置を回避しながら債務者を追い詰める

法的措置を自分で進めていくには手間もストレスもかかるものであり、債権者の立場からしても可能な限り避けたいものです。
しかし、一向に支払いをしない債務者相手には法的措置を講じなくてはならない気持ちになるため、大抵は督促状などに“このままの状況であれば法的措置へと移行”なりの一言を加えながら、次なるステップについて熟考することでしょう。

この法的措置の示唆および警告を上手く使いこなしていくことで、債務者の心理を操作していき、支払いをさせるための交渉材料として有効活用できれば、法的措置を実際におこなうことなく債権の回収が図れるケースも少なくありません。

債務者は“法的措置”であったり、“然るべき対応”といった督促状に記載されたキーワードを見れば、内心ではビクビクしてしまうものです。
この動揺を更に大きなものとしていくようにアプローチを繰り返していけば、より効果的なものとなっていくでしょう。

法的措置へと踏み込んだ結果、債務者が失うだろうものを列挙しながら警告するだけでもだいぶ違います。
社会的立場であったり、職場での状況であったり、家族間の心情であったり、と債務者が現在持っているステータスそれぞれを失ってしまう可能性を示唆していくわけです。

この結果、もしもの場合におけるイメージが債務者のなかでより鮮明なものとなっていきますので、債務の弁済についてより積極性を促していくことができます

ただし、注意すべきは、立場の強い債権者だからといって過度な言動はするべきではないという点にあります。
債務者の受け取り方次第では、債権者の言動が刑法に触れるものと理解されることもありますので、言葉は慎重に選びながら交渉していかなければなりません。

上でも使用した言葉ですが、“交渉”なのです。
債権者・債務者の双方がそれぞれの立場を解消するために話し合う場ですので、いくら不誠実な債務者を目の前にしても、債権者は冷静沈着に協議していく姿勢を忘れてはいけません。
短気になって感情にまかせた言動をしてしまえば、債務者の罠にハマってしまうこととなりかねません。

交渉の場なのですから、円滑な問題解決のためにも、債権者として法的措置に移行した場合には債務者自身の立場がどうなるのか留意し、債務者自身が気づいていないかもしれない状況を柔らかに警告してあげることも有効です。

あまりに具体例にまで言及すれば長々となってしまいますので、上枠内に大きなヒントを残しておくに止めます。
枠内の姿勢を順守すれば、債務者心理の操作、刑法リスクの回避ができるほか、その後に協議を重ねていくにあたってもスムーズなものとなっていきやすいことでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク