急速に普及するシェアリングエコノミーに商機を見出す

シェアリングエコノミーはとても身近な概念

シェアリングエコノミーという言葉を聞いて、すぐにピンとくる方はそこまで多くないかもしれません。しかし、実は私たちの生活にとても身近な概念を指す言葉です。

シェアリングエコノミーとは、使用していない資産を再利用することで新しい価値を生み出していくことです。より具体的にいえば、あなたの所有物を欲している誰かに譲渡・貸与することで、あなたは売上を得ることができ、譲渡・貸与を受けた相手はより有利な条件で欲求を満たすことのできるものです。

なぜ、このような双方ともに利益を期待することができる取引が近年になってようやく注目を浴びているのかといえば、インターネットが個人間の距離を縮めることができた結果に他なりません。

従来型の商取引であれば、卸や小売りをはじめとする仲介業者がいくつか介在しており、それぞれの中間マージンが重ねられた価格となるのが当たり前であったため、買い手側にとっては選択肢の幅がとても狭められるものだったといえます。
一方、売り手側にとっても販売先や貸与先は仲介業者を相手とすることが多く、希望する価格での取引はなかなか難しいのが実情でした。

しかし、スマホの普及も相まって、インターネットがより身近な存在となったことで買い手・売り手となる個人同士を直接的に結び付けることとなり、双方がより納得できる条件で取引を成立させることができるようになりました。

シェアリングエコノミーにおける価値創造の源となる資産の種類はとても幅広いものであり、モノ・時間・お金・場所など、誰もが持っているだろう資産すべてが対象となります

これらを有効に活用することで新たな価値を手に入れることができるため、その仲介をおこなうサービスも私たちの身近なところに言葉より早く浸透しています。きっと、あなたも利用した、見聞きしたことのあるサービスがあることでしょう。それらのサービスは、どれもが近年になって知名度を急速に上げてきており、いつの間にか私たちの生活のすぐそばに根付いたものとなっています。

日本で展開されるシェアリングエコノミーの代表例

メルカリやフリルなど、フリマアプリが人気を集めています。これらは使用していないモノを商品として再利用することで、これまで以上の価値を買い手・売り手ともに得られるシェアリングエコノミーの代表例といえます。



より高く売ることができる売り手と、もっと安く買うことのできる買い手、双方のメリットを最大化させるものに他なりません。スマホひとつあれば誰にでも参加できる手軽さも魅力といえます。

また、クラウドファンディングはお金についてシェアリングエコノミーを実践している先となります。



事業やイベントをはじめとする各種プロジェクトをPRしていくことで出資者を募るクラウドファンディングは、資金調達の選択肢の一つとしての立場を踏み固めています。従来であれば、事業性資金は自己資本もしくは金融機関からの調達がメインでありましたが、このような価値観さえも一変させてしまっているともいえることでしょう。

海外からの観光客向けに展開されている民泊は場所をシェアすることで新たな付加価値を生み出すものです。誰も住んでいない遊休不動産を活用し、宿泊先として貸し出していくことで貸主は売上を得ていくことができます。一方、借主は日本での滞在時のコストを抑えることができます。双方の仲介をおこなっているairbnbなどはよく知られた存在です。

働き方の自由化を促すシェアリングエコノミー

クラウドワークスやココナラなど、インターネット上で仕事の発注者・受注者を結び付けているサイトがあります。

これは労働力のシェアというべきでしょう。フリーランスとして独立している方、副業として活動されている方など、働く側にとっては自由度の高いものであり、好きな時に好きなだけ働くことができます



発注者にとっても、身近なところにはいないようなスキルを持っている人を必要なときに雇い入れることができますので、よりプロフェッショナルな仕事を期待できるだけではなく、雇用リスクを負うこともありませんのでメリットはとても大きなものです。

外注したい業務を有能な人材に依頼することができるハードルを押し下げたシェアリングエコノミーの概念は、より効率的に目的を叶える手段として最適な選択肢といえます。

まとめ

これまでご紹介してきたように、シェアリングエコノミーは誰もが持っている資産を対象として新たな価値創造をおこなっていくものであり、私たちにとって身近な存在といえるでしょう。是非、あなたも自分自身が持っている資産を有効活用していきましょう。

シェアリングエコノミーにおける資産活用は、そのまま経営資源の活用ともいえます。きっと、あなたのビジネスアイデアをより精度の高いものへと誘ってくれることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク