より安く車検を済ませる方法とは?車検代行ビジネスもおススメ!

より安い費用で車検を済ませる方法とは

2年に1回の車検の時期が近づいてくれば、いつもメンテナンスを担当してもらっている整備工場、もしくは車を買ったディーラーなどから車検の案内が来ます。
しかし、どこに依頼したところで普通車であれば10万円以上の出費となってしまいますので、本当に車検の時期は経済的な辛さを感じてしまうものですよね。

もし、車検が総額6~7万円ほどで終われば・・と考えたことはありませんか?
実は、そのような方法が存在しているのです。

ユーザー車検制度というものがあります。
自分で車を陸運局へ持っていき、必要書類を提出して所定のコースで担当官による車体のチェックを受けて合格すれば車検適合となる制度のことです。
この方法であれば、自賠責や重量税を含めても、普通車であれば7万円ほどで車検完了となりますので大変お得となります。

安全面で不安を覚える方もいらっしゃるかと思いますが、そのような心配はまったく不要です。
なぜなら、認定工場ではない自動車工場の人たちも依頼を受けた車検については同じ手続きによって通過させておりますので、プロの整備士に車検依頼したときと何ら変わりはないクオリティーの車検を受けることができるためです。

ユーザー車検の受け方はとても簡単です。
最寄りの陸運局(軽自動車の場合には別)へと行って、「ユーザー車検を受けたい」と伝えれば、懇切丁寧な案内を受けられますので、全体的な流れに戸惑うこともそれほどないことでしょう。

ユーザー車検を受ける前のチェックポイント

ユーザー車検を受ける前には、下記についてチェックしておく必要があります。
電装系部品がちゃんと機能しているかどうかは車検時にも入念に確認されます。
特に見落としがちなナンバー灯も忘れないようにチェックしておきましょう。

ヘッドライトの点灯(上向きも含め)
ハザード、ウインカー、スモールの点灯状況
ブレーキランプ、ナンバー灯のチェック
ブーツの破損がないかどうか

ブーツとは、タイヤ裏側のゴム製部品のことです。
ある車とない車に分かれますが、もし破損があれば車検には通りません。

よく質問されるのがオイルやウォッシャーの補充状況やタイヤの溝についてなのですが、エンジンルーム内の状況は簡単な確認のみですのでオイルなどはあまり気にする必要はありませんし、タイヤも余程ツルツルでない限りは大丈夫と考えてよろしいかと思います。

ヘッドライトの光軸調整は必ずおこなうこと

車を走らせていれば、必ず振動が発生するものであり、その積み重ねによってヘッドライトの光軸(焦点)はどうしてもズレているものです。
この調整は専用機器を用いておこなう必要がありますので、車検前に業者に依頼して調整しておきましょう
陸運局近くに担当してくれる業者があるものですので、その情報を事前に調査しておくことスムーズです。
費用的には3,000円ほどとなります。

ユーザー車検の受検

上記でご案内したメンテナンスをクリアし、必要事項を所定の様式に記入・提出した後、所定のコースにて車検を受けることとなります。
コースには担当官が何人もおりますので、指示を受けながら車検を進めていくこともできますので心配はいりません。
初めての方でも、わかりやすいようにコース誘導してもらえますので、安心してコースの列についておくことができます。
車検前にはホイールキャップを外さなければなりませんので、装着しているのであればマイナスドライバーなどで外しておきましょう

所定の試験項目をクリアすれば、晴れて新たな者検証を手に入れることができます。
所要時間は1~2時間ほどであり、5万円近くは車検依頼時より安く済ませることができるでしょう。

車検代行ビジネスはおススメです!

これまでご紹介してきたユーザー車検を利用して、他の誰かが迎える車検の時期に代行案内をしてみてはいかがでしょうか

整備工場やディーラーに依頼したときと比べて5万円以上も安いのですから、相応のキャッシュフローが発生するはずです。
手数料として2万円ほど上乗せしたとしても安値圏にありますので、“車検を割安に通過することができた”と依頼主より喜びの声を得られることでしょう。

都会に住んでいれば、車検が近づくと知らないうちにワイパーに案内が挟み込まれていたりするものです。
車検時期はフロントガラスに明記されているのですから、朝の空き時間などを利用して車検時期を確認しながら、時期の近い車のワイパーに同様のチラシを挟んでおくなどすれば、意外なビジネスを展開できるかもしれません

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク