ネットで本当に稼げるの??まずは確実に五千円を稼いでみよう!

ネットって稼げるの?と思っているうちは稼げない!

ネットで本当に稼げるの?と思っているうちに時間ばかりが経っていき、いつしかネットで稼ごうと思わなくなる自分へと変わっていくものです。
ネットで提供されるサービスを利用して稼いでいくわけですが、そのような類のサービスが次から次へとリリースされる状況下、徐々にフィットしなくなってくるものであり、浦島太郎のような状態となってしまいます。

こういったときはネットで稼いでいる人がいるという事実に目を向け、自分が実際に稼いでみることが大切といえるでしょう。

稼ぐ金額が大きいに越したことはありませんが、何十万円も一度に稼げというわけではありません。数千円なり、一万円なりを稼ぐことができ、その入金が反映されれば、きっと“なんて楽に稼げるんだろう・・”と価値観が一変するものです。

では、まず手始めに五千円を稼いでみましょう

確実に五千円を稼ぐための方法を伝授!

確実に稼ぐためにもってこいなのが、FXの口座開設です。
口座開設して、取引していくだけで一万円がキャッシュバックされます。もし、PCではなくスマホからの取引であれば、二万円がキャッシュバックされます。



条件が十万円以上の入金となっていますので、上記より口座開設してまず十万円を入金します。

もう一つの条件が、500lot以上の取引となっていますので、十万円を入金したらまずはそのまま取引を開始してみます。1lotの取引で要されるコストは最も低い米ドル/日本円であれば30円となります。つまり、500lotの取引で必要となるコストは15,000円となります。つまり、スマホで取引していくだけで、確実に五千円を稼ぐことができます

取引した結果、マイナスだったらどうするの?と思っている方もおられるかもしれませんが、ここで使用していくのはスキャルと呼ばれる手法であり、短時間決済を繰り返していくものです。
相場の基本は上か下かでしかないので、方向性のない相場であればどのような取引であっても勝率は50%へ均衡していくこととなります
つまり、プラスマイナスゼロを達成することはとても簡単なわけであり、二万円の売り上げについて15,000円のコストとすることが現実的なものとなってきます。

短時間決済を繰り返しておけば、大きなマイナスを計上することもないので、より安心して売上ゲットへと邁進していくことができるでしょう。キャッシュバックを確認した後、全額出金してしまえば、これら一連の動きだけで五千円が確実に稼ぐことができます。

スキャルのコツはこれだけでOK!

FXに馴染みのない方でも、いざ取引をしようと思えば目を通すのがチャートでしょう。なんとなく方向性を確認できそうなので開いてみるのでしょうが、それは正しい行為です。

チャートの値動きが示しているのは全世界の相場参加者の総意に他なりません

チャートを開いたら、1時間ベースか4時間ベースのものを開きます。全体的な動きとして、上に向かっているか、下に向かっているかはすぐに把握できるかと思いますので、その方向性に沿ったトレードをするだけです。
米ドル/日本円の場合、上に向かっていれば買い、下に向かっていれば売りとなるわけです。
あとは自分のポジションが15分以内に黒字となるよう見守り、利益が乗った段階で決済するか、更に45分待ってみるかを検討するだけです。

黒字で決済を続ければ、当初の15,000円のコストがどんどん小さくなっていきますので、二万円以上を稼ぐことも現実的なものとなるでしょう
2lotであれば1lotの半分の取引回数で済むよう、より大きなサイズで実行していった方がキャッシュバックへの近道となります。十万円の入金であれば2lotの取引に不自由することもありませんが、3lotも視野に入れながら十五万円程度を入金してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク