クラウドワークスの案件は詐欺だらけ?記事制作で稼ぎたい方は必見

今回はゲストに記事を担当していただきました。ココナラで記事制作を数多く担当しており、評価も満点で固定ファンも多いPHIROSさんにクラウドワークスで記事制作にチャレンジした際のことを語っていただきます。

作家レベルの文章を書き上げるPHIROSさんはコンテンツ制作会社からの直請も多く、パソコンの前で文章を書いていくだけで十分な利益を得ている方ですので、これからクラウドワークスの記事制作で稼いでいこうというかたにとっては必見の内容となることでしょう。

クラウドワークスで記事制作は儲かるの?稼げるの?

納期の緩いココナラでは1文字1円ベースでゆったりと仕事をさせていただいておりますが、普段は倍以上の単価で記事を各方面にご提供させていただいております。

販路を拡大するためにクラウドワークスでも稼働してみたのですが、結論から言えば悪徳業者が多すぎる印象が否めません

要は下請けを探しているのでしょうが、事前のレギュレーションに沿っておらず、文字数が倍以上に膨れ上がってしまうこともザラですので、記事制作を担当するにあたっては事前に想定した以上の時間を割かれるため、文字単価も契約金額を大幅に下回ってしまうケースが相次いでいます

特にひどいのがテストライティング。採用時だけ報酬を支払うものとしており、その文字単価は0.4円を下回ってしまう場合もあります。1500文字のテストライティングで採用時報酬が500円といった案件が横行しています。

ちょっと時間があったので、某発注者のテストライティングに参加してみました。条件は先程ご紹介させていただいた通りです。
実際にテストライティング案件を見て驚かされました・・
300~400文字挿入の項目が9個あるので、単純換算で3,000文字前後となります。
当初の契約に比べ、2倍も条件が一方的に改悪されているわけです。

途中まで書いてしまったので、そのまま最後までやり抜きましたが、文字単価0.2円ほどとなれば話になりません・・直請時の10分の1です。

私が運営するブログでも流用可能な内容であったこと、テストライティングの成果物公開および著作権譲渡がないのがせめてもの救いでした。

こちらにお目通しいただいている誰もが条件の悪い案件なのではないかと考えておられるかもしれませんが、クラウドワークスでは平均的な案件です。もっと人をバカにしたような案件があり溢れています。

クラウドワークス上で新規案件を求めても、最低賃金さえ無視するかのようなものばかりですので、これから同サイトの記事制作で活躍していこうとお考えの皆さまにはおススメできるものではありません。
発注者・受注者の数集めには適しているのかもしれませんが、クラウドワークス側として何らかの対応が必要といえるのではないでしょうか。

いい加減な制作会社も暗躍している

別にクラウドワークス自体を否定しているわけではありませんが、あまりにも状況を鑑みないのでこのような記事を寄稿させていただいております。

法人としての発注者が多いのもクラウドワークスの特徴ですが、なかには電話打ち合わせを条件としている業者もあります。
私もお話させていただくこととなりましたが、全面的に合意して以降の手続きは皆無&音信不通に・・

ある意味、記事制作担当者は捨て駒としての扱い同様なのでしょう。
いい加減な業者がずさんなディレクションと曖昧な判断基準でテストライティングの材料を搾取しているのが実態かと思います。

また、法人発注者は自社システムを用意して執筆担当させる場合もありますが、システムを過信しており、その後のディレクションや質問対応がとてもいい加減なケースもあるので注意が必要です。
私が担当した某社さんはシステム面での質問をさせていただいた際、回答がいただけたのは納期当日という有様でした。

クラウドワークスの記事制作では稼げないの?

クラウドワークスが何らかの手立てを打たない限り、新規参入者が稼ぐことはほぼ無理でしょう。まだココナラのほうがマシです。

マスター2になれば手数料は25%となりますし、最低単価保証があるのと同然ですので、条件面では有利といえます。もしクラウドワークスの条件をココナラに持ち込めば、誰も担当しないことでしょう。

文字単価は1.5円~と魅力的なメッセージを送り続けてくる業者もいますが、まるで7億円をアピールし続ける宝くじのような印象しか受けません。とにかく発注者有利としているのがクラウドワークスの実態といえます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク